今、この記事をお読みの方の中には未経験からOA事務職員として働いている方もいると思います。
未経験からOA事務へ、そしてその先にはいくつかキャリアアップが出来る道もあります。
ではそのキャリアアップ・スキルアップの方法について見ていきましょう。

MOS検定取得でキャリアアップ

PC操作にはオフィス系ソフトが不可欠ですが、エクセルやワード、パワーポイントやアクセスなどの基本的な操作が出来る事を証明するためには、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)検定を受けるのが一番です。
転職・復職でこれら検定を持っているとかなり有利ですし、持っていない方はこれから取得するのも良い選択です。

スペシャリスト資格とは言っても、あくまでも基礎的な操作が出来るかどうかを問う資格であり「ここからが始まり」ですが、資格取得に意味がないわけではありません。
ワードとエクセルは最も良く利用されているソフトなので、スペシャリストのさらに上、エキスパート資格もあります。

これら資格を取得しておくと有利ですが、何年も前に取得した検定では最新の操作方法に適応出来ない、また長く仕事から離れていると操作そのものを忘れてしまっている可能性があります。
資格はあくまでも資格。
実践ですぐに役立てるように日々アップデートするべきです。

「Excelのマクロ操作ができない」
「グラフの作成方法が良く分からない」
など実際にソフトを使用してみて分からないことも多々ありますが、大切なのは、まず本やネットを見て問題を自力で解決する事。そうすることで基礎的なPC操作力もアップしていきます。

事務経験を積む事でスキルアップ

座学で身に付く知識もありますが、やはり実際に仕事を経験してみないと分からない事もあります。
顧客との適切な対応や書類の効率的な作成方法、素早い連絡事項の確認方法、マナーなどは人から話しを聞いただけでは理解出来ないもの。

顧客や来客者、同僚、上司と実際に対面して仕事をしなければ「この方法はこの場面では良くない」「この対処法なら問題ない」など生きた知恵にはなりません。
事務経験を積む事で本当のキャリアアップが出来ます。
そのためには失敗を恐れない事、同じ失敗を繰り返さない事が重要です。

専門事務へキャリアアップ

OA事務は一般事務に比べると若干専門性はありますが、PC操作に慣れた方なら誰でも出来るという面は否めません。

そこでさらに専門性を追及したいなら、簿記を修得して経理業務に転職する、医療事務や介護事務など専門性のある職場へ転職する方法もあります。

PC操作だけではなく、新たに覚えなければならない事もたくさんありますが「社会人のうちはずっと勉強し続ける」強い意欲があればどの職場でも大丈夫です。
前向きに仕事をしていきましょう。