OA事務職員として働いた場合、一体どれくらいのお給料がもらえるのでしょうか?
もちろん勤務先が大企業や業績の良い会社ですと平均的な給与よりも高くなりますし、中小企業や業績の悪い会社であれば給与はそれ程期待できません。

事務職員の平均的な給与や正社員、派遣社員、アルバイトなど雇用形態別の給与などについてまとめています。

事務職員の平均的な年収は約300万円

事務職員の平均的な年収額は約300万円となっています。
月給だと手取りで18~20万円、ボーナスが約50万円前後の計算ですね。
この年収よりも低い場合は「収入が平均よりも安い」と考えて良さそうです。

ただしこれは正社員のパターンなので、派遣会社の社員やアルバイトでは事情が違います。
関東エリアでの事務職員平均時給は約1,100円前後ですが、九州になると約900円、中国地方は約950円と地域によって差があります。

派遣の場合は派遣会社によって給与に差がありますが、関東での平均的な時給は約1,400円前後。
経験の有無などでも時給が変わってきますので、入社時に良く確認する方が良いですね。

全産業の平均的な年収は約450万円と言われていますので、年収約300万円前後の事務職員の給与は相対的に安いと言えそうです。

事務職員が高給与を得るには会社の重役になる

これは私の知人の経験談です。
その方は同じ会社に30年近く勤務し続けました。
お子さんが生まれても嫁ぎ先の親御さんに育児を任せ、仕事を辞めずに頑張り続けたのです。

長く勤務し続けると勤務先の会社社長の信頼も厚くなり、やがてその会社の専務に。
今では事務職員兼専務として仕事をしています。
地方の中小企業ではこのようなケースもあります。

ただの事務職員では高給与はとても望めませんが、会社社長や会長から気に入られると「会社の重役になる、役員報酬をもらう」というキャリアアップ方法もある事を覚えておいてください。

高給与を得るためには職種を変える

事務職員のもともとの給与レベルは低いため、ずっと事務職を続ける限り大幅な給与アップは望めそうにありません。
では高給与を得るためにはどのような発想の転換が必要なのでしょうか?

例えば介護事務のケースですが、ずっと事務職として働くのではなく介護職員初任者研修などの介護系資格を取得し、事務員ではなく現場の仕事が出来るように準備しておくと給与がアップする可能性があります。
採用する側もいざと言う時は介護の手伝いをしてもらえるわけですから、事務しか出来ない方よりも採用される可能性も高くなります。

医療事務の仕事も仕事をするうちに看護助手や看護師、理学療法士などに転職する方法もあります。