事務職の中でもPCを使い、書類作成やメール送信、備品管理、名簿管理、伝票作成、データ入力及びチェックを行うのがOA事務職です。
この仕事に就職・転職したいのであれば、最低でも基本的なPC操作が出来なければなりません。

最初は不慣れであっても毎日作業するうちに、オフィス系ソフトのスキルがどんどん磨かれていきます。
この仕事で身に付くスキルには他にどのようなものがあるのでしょうか?

PC入力が早くなる

OA事務職はPCがなければ成り立ちません。
初心者の頃はキーボードをしっかり確認しながら、目線を下に落として入力するパターンになりがち。
でもその方法では入力間違いに気づきにくく、さらにキーボードと画面を交互に見るため目の疲れも相当なものです。

初心者のうちはキーボードを見ながらのデータ入力になりがちですが、慣れれば手元をみずに画面だけを追いかけて作業ができます。
つまりタッチタイピングが可能になるわけですね。
これが出来ると入力速度が飛躍的に向上し、ミスも少なくなります。

猛練習しなければこのレベルに到達しないように感じてしまいますが、ご心配なく。
毎日作業しているとある日「あれ?そう言えば最近PCの画面を見ずに入力出来るようになったな」と感じるようになります。
実践あるのみです。

オフィス系ソフトのスキルが上がる

PC操作には絶対に必要なオフィス系ソフト(ワード、エクセル、パワーポイント)ですが、これもタッチタイピングと同様に、毎日使っているうちにだんだん慣れていきます。
使い方が分からない時は自分で本を読む、ネットを調べるなどして使い方を覚えていくはずです。

実践で身に付けたスキルほど素晴らしいものはありません。
OA事務職員として毎日作業をすれば、数年でエキスパート(上級者)と呼べるレベルまですぐにレベルアップします。

MOS検定でその実力を評価してもらえば、転職・復職にはかなり有利。
スキルを磨けるうちに磨いておいて損はありません。

画像出典元:http://dospara.nattoq.jp

電話応対の仕方などが身に付く

OA事務の仕事はPC操作だけではありません。
中小企業ですと顧客対応や電話対応、お茶の出し方、マナーなどが自然に身に付いていきます。
うるさい上司がいて耳の痛いお小言を聞かされるかもしれませんが、そこは我慢して聞いておきましょう。

後で振り返ると「あの言葉があったから、マナーが身に付いた」と思える日が来るはずです。
厳しい事を言ってくれる上司がいる内は「期待されている」と思う方が無難。
「この職員はダメだな」と思われると、何も言われなくなりリストラ対象者になってしまう、という厳しい現実があります。