未経験からOA事務に転職した人達の体験談を集めました。

勤務3年目┃ゆきなさん(30代)
自治体の臨時職員からOA事務へ転職しました

私は、自治体の臨時職員を1年更新で続けていたのですが、年度末に「来年は契約を打ち切られてしまうのではないか?」と思うと気が気ではありませんでした。
臨時職員の立場では安定した生活が望めないため、企業の事務職(正社員)を目指して転職活動開始。

面接で社長から「うちの事務はPCが使えないと仕事にならないけど、大丈夫かな?」と言われ、文字入力程度のスキルしかなく、前職の仕事内容は書類の整理やお茶くみ、買い出しがメインだったのに「はい!大丈夫です」と言って採用されました。
その時は嘘をつくつもりは一切なかったのですが、いざ仕事を始めると「エクセルの計算式が入力できない」「ワードの細かい設定が分からない」「パソコンのトラブルに対応出来ない」などスキル不足がすぐにバレてしまい、事務長の怒りの雷が落ちました。

結局、他の事務職員を新しく採用するには手間が掛かること、それから文字入力程度は出来ることから事務長の鬼の特訓がスタート!
私の後方に事務長が立ち、エクセルやワードの基本的な使い方やメールの送受信方法、ネット閲覧、トラブル時の解消法などを一通り叩き込まれ、約1か月でPC操作をものにしました。

事務長には本当に迷惑を掛けてしまったのですが、「何とかマスターしてくれて良かった。安心した」と言ってもらえた時は私も安心しました。
今ではOA事務職員として仕事をしています。

事務職は人気のある仕事で、何人もの方が面接に殺到するのは事実です。
だからと言って、転職を成功させたいばっかりに出来ない事を出来ると言ったり、知らない事を知っていると嘘をつくと全部自分に返ってきます。
私のように人に迷惑を掛ける事にもなるので、面接では正直にスキルを申告してください。

勤務1年目┃れいなさん(20代)
PC操作を覚えるためにパソコン教室に通いました

前職は某アパレルショップの店員でした。
洋服を扱うのは好きだったのですが、売り上げノルマの厳しいお店でノルマ未達となると店長からお小言を聞かされて、自腹を切って洋服を買ったり、もともと安月給なのに無理に洋服を買ったりして生活はすごく厳しかったです。

洋服は好きだけど結局この業界はどこに行っても大なり小なりノルマがあるので、ノルマのない仕事に転職したいと思ったのが転職の動機です。
女性でも働きやすい職種を探していたら、目に留まったのが事務職。

調べてみると事務職は人気があるのでPCが使えないと採用には不利と知り、前職の合間にパソコン教室に通ってパソコンの操作を教えてもらいました。
最初は意味が分からなかったパソコン操作でしたが、だんだん慣れてくると結構楽しくなりましたね。

先生からも「若いから覚えが早いね」と言われて嬉しくなりました。
MOS資格も取得したのが大きな自信に繋がりましたし、面接も堂々と臨めたのは本当に良かったです。
今はアパレル時代に磨いた接客マナーで来客者受付とOA事務の仕事をしています。

「いつも明るくていいね」と言われる事もあります。
この仕事を選んでよかったです。